• facebook
  • twitter
  • youtube

報道関係

      • 2016/6/14
        朝日新聞デジタル(online) に「免疫細胞、敗血症の発症を促進 筑波大など仕組み解明」が掲載されました。
      • 2016/5/24
        読売新聞 朝刊 29面に「敗血症の悪化物質判明」が掲載されました。
      • 2016/5/11
        日刊工業新聞 朝刊 25面に「脾臓の免疫細胞 敗血症発症に関与」が掲載されました。
      • 2016/5/11
        日経産業新聞 朝刊 8面に「敗血症を招く免疫細胞」が掲載されました。
      • 2016/5/6
        報道資料: 「免疫細胞が敗血症の発症を促進する”常識”を覆す新発見」
        【海外配信サイト】
        EurekAlert
        http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-05/uot-nrf050916.php
        Alpha Galileo
        http://www.alphagalileo.org/ViewItem.aspx?ItemId=163886&CultureCode=en
      • 2016/3/31
        つくばサイエンスアカデミー会誌 29号 P.7に「第26回つくば賞 難治疾患を制御する免疫受容体の研究」が掲載されました。
      • 2016/2/17
        日経産業新聞 朝刊 8面に「死んだ細胞 免疫を刺激 筑波大 腸の炎症など悪化」が掲載されました。
      • 2016/2/12
        医療NEWS (online)に「粘膜の視細胞が免疫細胞刺激し、難治疾患の発症促進-筑波大」が掲載されました。
      • 2016/2/9
        NHKニュース(茨城県内放送)で「死滅細胞刺激 アレルギー悪化」が放送されました。
      • 2016/2/9
        朝日新聞デジタル(online) に「ぜんそく・アトピーの悪化 死んだ粘膜細胞が原因?」が掲載されました。
      • 2016/2/9
        報道資料: 「粘膜の死細胞が腸炎、アトピー性皮膚炎、喘息の発症を促進する」
      • 2015/10/25
        秋田さきがけ新聞 3面 「筑波大教授・渋谷さん(横手市出身) 難治性疾患、治療法探る つくば賞免疫学研究で受賞」が掲載されました。
      • 2015/09/04
        朝日新聞 朝刊 26面 「つくば賞に筑波大・渋谷教授 免疫系難病の研究で実績」が掲載されました。
      • 2014/09/16
        2014.9.12 科学新聞 第3502号 1面 「筑波大 貪食細胞が細菌感染を感知する仕組みを解明」が掲載されました。
      • 2014/08/26
        2014.8.21 マイナビニュース(online) 「免疫細胞が感染を感知する仕組み解明」が掲載されました。
      • 2014/08/19
        報道資料:「貪食細胞が細菌感染を感知する仕組みを解明」
      • 2014/04/20
        2014.4.7 筑波大学新聞 第313号 2面 「腸内細菌がぜんそくを悪化させる仕組み 渋谷教授らが突き止める 腸内のカビが原因」が掲載されました。
      • 2014/04/20
        2014.2.7 科学新聞 第3473号 4面「腸内細菌バランスの乱れが喘息を悪化」が掲載されました。
      • 2014/04/08
        2014.3.16 日本経済新聞 朝刊 17面に「腸内細菌バランス大切に 病気との関係、解明進む」が掲載されました。
      • 2014/01/17
        The Japan Timesに「Tsukuba team uncovers asthma-intestine mechanism」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        共同通信(online)に「腸内細菌、ぜんそくに影響 抗生物質で症状悪化」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        時事通信(online)に「腸でカビ増殖、ぜんそく悪化=マウス実験で新メカニズム-筑波大」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        日経バイオテク(online)に「筑波大の渋谷教授ら、抗生物質の服用で喘息が悪化する機構を解明、カンジダ産生PGE2で肺内M2型マクロファージが増加」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        朝日新聞 朝刊 33面に「抗生物質でぜんそく悪化 解明」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        日本経済新聞 朝刊 38面に「筑波大、マウスで解明 腸内の悪玉菌 ぜんそくを悪化 治療へ応用を検討」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        日経産業新聞 朝刊 10面に「ぜんそく悪化マウス 腸内で真菌が増加」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        日刊工業新聞 朝刊 23面に「腸内のカビでぜんそく悪化 筑波大が機構解明」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        東京新聞 朝刊 3面に「抗生物質でぜんそく悪化 腸内細菌に影響 筑波大など解明」が掲載されました。
      • 2014/01/16
        The Japan Times (online)に「Tsukuba team uncovers asthma-intestine mechanism」の記事が掲載されました。
      • 2014/01/14
        報道資料:「腸内細菌のバランスの乱れが、喘息を悪化させるメカニズムを解明‐新しい発想のアレルギー治療へ‐」
      • 2013/07/23
        2013.7.16 筑波大学新聞 第308号 7面「アラジン1 アレルギーを抑える「魔法」製薬会社と特効薬を開発中」
      • 2012/12/28
        2012.12.27 読売新聞 夕刊「アレルギー抑える『魔法』」の記事が掲載されました。
      • 2012/10/23
        2012.10.22 筑波大学新聞に「敗血症の発症制御たんぱく質を発見」が掲載されました。
      • 2012/08/20
        2012.8.14 毎日新聞に「敗血症、一因に肥満細胞たんぱく質」が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.30 朝日新聞 夕刊 2頁に「敗血症の重症化防止法 筑波大のチームが発見 新薬開発の可能性も」の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.27 科学新聞に「敗血症の発症に関与 筑波大 免疫受容体を発見」の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.24 日経産業新聞 朝刊 9頁に「敗血症の予防・治療に期待 関係タンパク質発見」の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.24 日刊工業新聞 朝刊 14頁に「敗血症 関与たんぱく質特定 新たな予防法の開発に道」 の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.24 常陽新聞 朝刊 1頁に「敗血症発症の仕組み解明 筑波大 関与たんぱく質発見」 の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.24 茨城新聞 朝刊 20頁「敗血症の仕組み解明 筑波大グループ 予防・治療に画期的手法」 の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.24 日本経済新聞 朝刊 15頁に 「敗血症を促すたんぱく質発見」 の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.24 科学工業日報 1面 に「敗血症 原因たん白質発見 筑波大 抗体抑制で生存率向上」 の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.23 時事ドットコム(net) に「敗血症の画期的治療薬期待=免疫細胞に発症関与たんぱく-筑波大」 の記事が掲載されました。
      • 2012/08/03
        2012.7.23 47NEWS(net) に「敗血症の免疫の仕組み解明 マウス実験で予防効果」 の記事が掲載されました。
      • 2011/01/25
        科研費NEWS2010 VOL.2の最近の研究成果トピックスに「アレルギー発症抑制分子アラジン-1の発見」の記事が掲載されました。
      • 2011/01/04
        医学新聞Medical Tribune花粉症特集(2010年12月23日発行)に「アレルギー阻害受容体アラジン1を発見」の記事が掲載されました。
      • 2010/12/22
        保健医療分野における基礎研究推進事業 平成19年度採択課題レポートに「急性移植片対宿主病の予知診断キットと分子標的療法の開発」の記事が掲載されました。
      • 2010/11/1
        筑波大学新聞 第289号 1面に「GVHDの予防法開発 安全な骨髄移植の実現か」 の記事が掲載されました。
      • 2010/10/20
        毎日新聞 朝刊 30面に「骨髄移植合併症特定分子が関与」 の記事が掲載されました。
      • 2010/10/12
        NHKニュース おはよう日本で「骨髄移植 抗体で合併症予防へ」 が放送されました。
      • 2010/10/12
        報道資料:「急性移植片対宿主病(GVHD)発症の鍵分子の発見とその新しい予防・治療法開発の成功」
      • 2010/9/1
        筑波大学新聞 第287号 7面に「アレルギーの発症を抑える「魔法の薬」開発に期待」 の記事が掲載されました。
      • 2010/6/22
        ARDドイツ公共ラジオ放送 東アジア支局 OA
      • 2010/6/9
        J-WAVE TOKYO MORNING RADIO OA
      • 2010/6/9
        朝日小学生新聞 日刊 1面に「アレルギー抑えるたんぱく質発見 筑波大チーム 花粉症治る?」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/8
        茨城新聞 朝刊 23面に「アレルギー抑制タンパク質発見 根本的治療に道」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/8
        産経新聞 朝刊 2面に「アレルギー発症抑制分子を発見 花粉症など根本治療に光明」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/8
        常陽新聞 朝刊 1面に「アレルギーの抑制分子発見 筑波大 炎症誘う物質の放出阻止」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/7
        朝日新聞 夕刊 10面に「アレルギー抑えるたんぱく質 花粉症・アトピー・・・治療法開発に期待」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/7
        読売新聞 夕刊 14面に「アレルギー抑える物質発見 花粉症・アトピー性皮膚炎・・・「万能」治療薬へ期待」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/7
        毎日新聞 夕刊 1面に「アレルギー 元で断つ ヒスタミン止める分子発見」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/7
        日本経済新聞 夕刊 14面に「アレルギー抑える分子 疾患防ぐ医薬品開発に道」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/7
        東京新聞 夕刊 4面に「あらゆるアレルギー抑制 筑波大院グループ体内の分子発見」の記事が掲載されました。
      • 2010/6/7
        NHKニュースおはよう日本で「アレルギー抑制分子を発見」 が放送されました。
      • 2010/6/7
        テレビ朝日 ANNニュースで「アレルギー抑制物質を発見」 が放送されました。
      • 2010/6/7
        テレビ朝日 報道ステーションで世界初!アレルギー抑える分子を発見」 が放送されました。
      • 2010/6/6
        報道資料:「アレルギー発症抑制分子の発見」
      • 2009/9/1
        筑波大学新聞 1面に「免疫ブレーキ 渋谷教授らが発見 ワクチン増強に応用も」 の記事が掲載されました。
      • 2009/6/16
        毎日新聞 朝刊 2面に「免疫ブレーキ解明」の記事が掲載されました。
      • 2009/6/16
        日経産業新聞 朝刊 10面に「受容体が効果左右」の記事が掲載されました。
      • 2009/6/16
        日本経済新聞 朝刊 38面に「肺炎ワクチンの効果高める手法」の記事が掲載されました。
      • 2009/6/10
        報道資料:「免疫にブレーキをかける抗体受容体の発見」
      • 2009/2/2
        筑波大学新聞 第275号 1面に「がん予防の仕組み解明 新治療開発にはずみ」 の記事が掲載されました。
      • 2009/1/10
        筑波ジャーナル No.263 2面に「発がん抑制分子発見 DNAM-1渋谷彰教授ら」 の記事が掲載されました。