• youtube

最新ニュース

[ 過去のニュースはこちら ]

2024年2月17日
研究員の林育仙さんの論文がInternational Immunology誌にアクセプトされました。
An inhibitory immunoreceptor Allergin-1 regulates the intestinal dysbiosis and barrier function in mice.
Lin Y-H, Tahara-Hanaoka S, Obana N, Fukuda S, Shibuya A.
Int Immunol,  in press
2024年1月18日
医学類6年田原沙絵子さんの論文がInternational Immunology誌にアクセプトされました。
Essential role of CD155 glycosylation in functional binding to DNAM-1 on natural killer cells.
Tahara S, Okumura G, Matsuo T, Shibuya A, Shibuya K.
Int Immunol. 2024 Jan 30:dxae005. doi: 10.1093/intimm/dxae005.
2023年11月20日
鍋倉助教の論文についての記事がEurekAlert!にNews Releaseとして掲載されました。
Discovery of a molecule regulating immune memory of natural killer cells to viral infection
2023年11月14日
研究員の林育仙さんの論文がAllergology International誌にアクセプトされました。
Human basophils promote IgE-dependent oral allergen-induced anaphylaxis in humanized mice.
Lin Y-H, Tahara-Hanaoka S, Shibuya A.
Allergol Int,  2023 Dec 1:S1323-8930(23)00119-3. doi: 10.1016/j.alit.2023.11.007.
2023年11月10日
鍋倉宰助教のNature Communicationsに発表された論文について、本日筑波大学からプレスリリースされました。
2023年10月30日
渋谷 彰教授の脳梗塞に対するCD300A抗体開発に関する紹介記事が日経バイオに掲載されました。
2023年10月16日
小泉仁志君(医学学位プログラム博士課程4年)の論文がMonoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy誌にアクセプトされました。
Development of monoclonal antibodies specific to either CD300AR111 or CD300AQ111 or both.
Koizumi H, Nakahashi-Oda C, Lyu W, Yamashita-Kanemaru Y, Tabuchi K, Shibuya K, Shibuya A.
Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy,  2023 Oct;42(5):182-185. doi: 10.1089/mab.2023.0017.
2023年10月16日
鍋倉宰助教の論文がNature Communications誌にアクセプトされました。
Themis2 regulates natural killer cell memory function and formation.
Nabekura T, Deborah EA, Tahara S, Arai Y, Love PE, Kako K, Fukamizu A, Muratani M, Shibuya A.
Nat Commun,  14, 7200 (2023). doi:10.1038/s41467-023-42578-8
2023年9月27日
飯島綾菜さん(ヒューマンバイオロジー学位プログラム4年)が筑波会議にてExcellent Speaker Awardを受賞しました。
2023年9月8日
Allergy 誌にアクセプトされたMariana Silva. Almeidaさんの論文が掲載に先立ち、Allergy誌のYouTube チャネルに公開されました。
Allergy - YouTube
2023年9月6日
渋谷彰教授らが共同創業した筑波大学発ベンチャーTNAX Biopharma社と米国IMIDOmics社との間でDNAM-1抗体に関するライセンシング契約が締結されたことプレスリリースされました。
これにより、本研究室発の炎症性難病に対する治療薬開発へ弾みがつくことになります。

https://www.businesswire.com/news/home/20230906191006/en/IMIDomics-Inc.-Secures-Exclusive-Worldwide-Licensing-Agreement-with-TNAX-Biopharma-Corporation-for-TNAX101A-IMB1001-A-Promising-Drug-Candidate-for-Immune-Mediated-Inflammatory-Diseases
2023年8月3日
研究員のMariana Silva. Almeidaさんの論文がAllergy誌にアクセプトされました。
Annexin A5 inhibits mast cell activation via Allergin-1 immunoreceptor.
Almeida MS., Tahara-Hanaoka S., Shibagaki S., Niizuma K., Hitomi K., Shinkai Y., Shibayama S., Shibuya A.
Allergy,  11 August 2023 doi: 10.1111/all.15851.
2023年7月15日
医学学位プログラム4年の松尾壮一君の論文がJournal of Immunology誌にアクセプトされました。
DNAM-1 immunoreceptor protects mice from concanavalin A-induced acute liver injury by reducing neutrophil infiltration.
Matsuo S, Nabekura T, Matsuda K, Shibuya K, Shibuya A.
J Immunol,  211 (6): 954–963,2023 doi:10.4049/jimmunol.2200705
2023年7月1日
Elfira Amalia Deborahさん(医学学位プログラム3年)が第10回東京理科大学・筑波大学合同リトリートで優秀ポスター賞を受賞しました。
2023年4月22日
飯島綾菜さん(ヒューマンバイオロジー学位プログラム4年)が三大学(国立台湾大学ー京都大学ー筑波大学)合同シンポジウム(国立台湾大学)で優秀賞を受賞しました。
2023年4月12日
渋谷和子教授が令和4年度Best teacher's awardを受賞しました。
今回で18年連続になります。
2023年4月1日
小田ちぐさ助教が准教授に昇任しました。
2023年3月24日
松尾知平君が人間総合科学研究科疾患制御医学専攻、村田力斗君がグローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラムを修了し、博士学位を授与されました。
2023年3月24日
松尾知平君(疾患制御医学専攻4年)が2022年 医学優秀論文賞(Students' Best Paper Awards in Doctoral Programs in Medical Sciences)の 医学奨励賞 (Young Investigator Award)を受賞しました。
2023年2月9日
松尾壮一君(医学学位プログラム博士課程3年)が、第51回日本免疫学会学術集会(2022年12月熊本)で、ベストプレゼンテーションアワードを受賞しました。
2022年12月15日
今月号のJ Immunol誌に村田力斗君の論文と大岡杏子さんの論文が同時に掲載されました。
https://journals.aai.org/jimmunol/issue/209/12
村田君の論文は同誌のTop readsに採択されました。
https://journals.aai.org/jimmunol/article/209/12/2249/237565/Top-Reads
2022年12月6日
村田力斗君が、日本免疫学会Ursula and Fritz Melchers Travel Awardを受賞しました。
2022年10月26日
小田ちぐさ助教が教員業績評価結果に基づき医学医療系優秀教員として表彰されました。
2022年10月13日
Human Biology Program 5年の村田力斗君の論文がJournal of Immunology誌にアクセプトされました。
G307S DNAM-1 mutation exacerbates autoimmune encephalomyelitis via enhancing CD4+ T cell activation.
Murata R, Kinoshita S, Matsuda K, Kawaguchi A, Shibuya A, Shibuya K.
J Immunol,  209 (12): 2304–2312,2022 doi:10.4049/jimmunol.2200608
2022年10月6日
林(大岡)杏子研究員の論文がJournal of Immunologyにアクセプトされました。
CD96 blockade ameliorates imiquimod-induced psoriasis-like dermatitis via suppression of IL-17A production by dermal γδ T cells
Oh-oka K, Abe F, Shibuya A, Shibuya K.  
J Immunol, 209 (12): 2313–2321,2022 doi:10.4049/jimmunol.2200502
2022年9月22日
Haojun XUさんがグローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラムを修了し、博士学位を授与されました。
2022年8月16日
医学学位プログラム博士課程3年の西山奈菜子さんの論文がCytokineにアクセプトされました。
Interferon-β promotes the survival and function of induced regulatory T cells.
Nishiyama N, Nakahashi-Oda C, Shibuya A.
Cytokine, 158, October 2022, 156009
2022年7月30日
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻 博士課程4年の松尾知平君の論文がCancer Science誌 にアクセプトされました。
CD155 mutation (Ala67Thr) increases the binding affinity for and the signaling via an inhibitory immunoreceptor TIGIT.
Matsuo T, Iguchi-Manaka A, Shibuya A, Shibuya K.
Cancer Sci, 113(11):4001-4004, 2022 doi:10.1111/cas.15526
2022年5月29日
村田力斗君(ヒューマンバイオロジー学位プログラム5年)と西山奈菜子さん(医学学位プログラム3年)が、東京理科大とのリトリートで、それぞれベストオーラルプレゼンテーション賞、ベストポスタープレゼンテーション賞を受賞しました。
2022年4月7日
渋谷和子教授が令和3年度Best teacher's awardを受賞しました。
今回で17年連続になります。
2022年4月1日
渋谷和子准教授が教授に昇任しました。
2022年3月25日
新谷優歩さんが人間総合科学研究科生命システム医学専攻、永崎拓人君が同研究科フロンティア医科学専攻を修了し、それぞれ博士学位、修士学位を授与されました。
2022年3月25日
新谷優歩さん(生命システム医学専攻4年)が、2021年度人間総合科学研究科長賞を受賞しました。
2022年2月4日
新谷優歩さん(生命システム医学専攻4年)が、第50回日本免疫学会学術集会(2021年12月奈良)で、ベストプレゼンテーションアワードを受賞しました。
2021年11月30日
Elifeに掲載された論文がプレスリリース(英語版)されました。
2021年11月18日
Elifeに掲載された論文がプレスリリースされました。
https://www.tsukuba.ac.jp/journal/medicine-health/20211117143000.html
2021年10月26日
生命システム医学専攻修了生の中澤優太君の論文がeLifeにアクセプトされました。
Tumor-derived extracellular vesicles regulate tumor-infiltrating regulatory T cells via the inhibitory immunoreceptor CD300a.
Nakazawa Y, Nishiyama N, Koizumi H, Kanemaru K, Nakahashi-Oda C, Shibuya A.
eLife, 10:e61999, 2021
2021年10月25日
日本免疫学会創立50周年記念特集号に渋谷彰教授の総説論文が掲載されました。
DNAM-1 versus TIGIT: competitive roles in tumor immunity and inflammatory responses.
Shibuya A, Shibuya K.
Int Immunol, 33(12)687-692, 2021
2021年10月18日
Science Immunologyに発表した論文がプレスリリースされました。
https://www.tsukuba.ac.jp/journal/medicine-health/20211018140000.html
2021年10月18日
生命システム医学専攻4年中村(新谷)優歩さんの論文がInternational Immunologyにアクセプトされました。
DNAM-1 promotes inflammation-driven tumor development via enhancing IFN-γ production.
Nakamura-Shinya Y, Iguchi-Manaka A, Murata R, Sato K, Van Vo A, Kanemaru K, Shibuya A, Shibuya K.
Int Immunol, dxab099, 2021
2021年10月16日
渋谷和子准教授が、2021年度日本免疫学会女性免疫学研究者賞の受賞者に決定しました。授賞式ならびに記念講演は、12月8日の日本免疫学会学術集会で行われる予定です。
2021年9月20日
生命システム医学専攻4年Mariana Almeidaさんと柴垣翔平研究員の論文がBBRC誌にアクセプトされました。
An inhibitory immunoreceptor, Allergin-1, suppresses FITC-induced type 2 contact hypersensitivity.
Almeida M, Shibagaki S, Tahara-Hanaoka S, Shibayama S, Shibuya A.  
BBRC, 579:146-152, 2021
2021年9月15日
小田ちぐさ助教の論文がScience Immunology誌にアクセプトされました。
CD300a blockade enhances efferocytosis by infiltrating myeloid cells and ameliorates neuronal deficit after ischemic stroke.
Nakahashi-Oda C, Fujiyama S, Nakazawa Y, Kanemaru K, Wang Y, Lyu W, Shichita T, Kitaura J, Abe F, Shibuya A.  
Sci Immunol, 6(64):eabe7915, 2021
2021年5月18日
本研究室とTNAX biopharma株式会社との共同研究成果プレスリリースされました。
https://www.tsukuba.ac.jp/journal/medicine-health/20210518160000.html
2021年4月23日
飯島綾菜さん(HBP2年)、金丸和正助教の論文がBBRCにアクセプトされました。
Selective expression of a C-type lectin receptor, Clec12b, on skin mast cells.
Iijima A, Kanemaru K, Wang Y, Nabekura T, Nakamura Y, Fujisawa Y, Mori D, Ohmuraya M, Yamasaki S, Tahara-Hanaoka S, Shibuya A.  
BBRC, 561:101-105, 2021

主な研究業績

     
画像クリックで各研究内容へ移動 CD300a blockade enhances efferocytosis by infiltrating myeloid cells and ameliorates neuronal deficit after ischemic stroke. Nakahashi-Oda C et. al.
Science Immunology 2021
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 DNAM-1 regulates Foxp3 expression in regulatory T cells by interfering with TIGIT under inflammatory conditions. Sato K et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2021
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Tumor-derived soluble CD155 inhibits DNAM-1-mediated antitumor activity of natural killer cells. Okumura G et. al.
J Exp Med 2020
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Type 1 innate lymphoid cells protect mice from acute liver injury via interferon-g secretion for upregulating Bcl-xL expression in hepatocytes. Nabekura T et. al.
Immunity 2020
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Clec10a regulates mite-induced dermatitis. Kanemaru K et. al.
Science Immunology 2019
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Autonomous regulation of IgE-mediated mast cell degranulation and immediate hypersensitivity reaction by an inhibitory receptor CD300a. Wang Y et. al.
J Allergy and Clin Immunology 2019
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Marginal zone B cells exacerbate endotoxic shock via interleukin-6 secretion induced by Fcα/μR-coupled TLR4 signalling. Honda S et. al.
Nature Communications 2016
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Apoptotic epithelial cells control the abundance of Treg cells at barrier surfaces. Nakahashi-Oda C et. al.
Nature Immunology 2016
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Immune regulation by Fcα/μ receptor (CD351) on marginal zone B cells and follicular dendritic cells. Shibuya A et. al.
Immunological Reviews 2015
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Toll-like receptor 4 and MAIR-II/CLM-4/LMIR2 immunoreceptor regulate VLA-4-mediated inflammatory monocyte migration. Totsuka N et. al.
Nature Communications 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Costimulatory Molecule DNAM-1 Is Essential for Optimal Differentiation of Memory Natural Killer Cells during Mouse Cytomegalovirus Infection. Nabekura T et. al.
Immunity 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Gut dysbiosis promotes M2 macrophage polarization and allergic airway inflammation via fungi-induced PGE2. Kim Y et. al.
Cell Host & Microbe 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Apoptotic cells suppress mast cell inflammatory responses via the CD300a immunoreceptor. Nakahashi-Oda C et. al.
Journal of Experimental Medicine 2012
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 The immunoreceptor adapter protein DAP12 suppresses B lymphocyte-driven adaptive immune responses.
Nakano-Yokomizo T et. al.
Journal of Experimental Medicine 2011
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Critical role of DNAX accessory molecule-1 (DNAM-1) in the development of acute graft-versus-host disease in mice.
Nabekura T et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2010
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 An immunoglobulin-like receptor, Allergin-1, inhibits immunoglobulin E-mediated immediate hypersensitivity reactions. Hitomi K et. al.
Nature Immunology 2010
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Enhanced humoral immune responses against T-independent antigens in Fcα/μR-deficient mice. Honda S et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2009
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Accelerated tumor growth in mice deficient in DNAM-1 receptor. Iguchi-Manaka A et. al.
Journal of Experimental Medicine 2008
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Tumor rejection by the poliovirus receptor family ligands of the DNAM-1 (CD226) receptor. Tahara-Hanaoka S et. al.
Blood 2006
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Paired activating and inhibitory immunoglobulin-like receptors, MAIR-I and MAIR-II, regulate mast cell and macrophage activation. Yotsumoto K et. al.
Journal of Experimental Medicine 2003
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 CD226 (DNAM-1) is involved in lymphocyte function-associated antigen 1 costimulatory signal for naive T cell differentiation and proliferation. Shibuya K et. al.
Journal of Experimental Medicine 2003
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Fcα/μ receptor mediates endocytosis of IgM-coated microbes Shibuya A et. al.
Nature Immunology 2000
Abstract (PubMed)