• facebook
  • twitter
  • youtube

最新ニュース

[ 過去のニュースはこちら ]

2019年4月15日
渋谷和子准教授が平成30年度Best teacher's awardを受賞しました。今回で14年連続受賞となりました。
2019年4月15日
今週土曜日(4月20日)は修士課程および博士課程の第一回オープンキャンパスです。ラボ見学が出来ますので、修士課程または博士課程は渋谷研で、と考えている方は以下のサイトから参加登録をしてください。
修士課程 http://www.md.tsukuba.ac.jp/FrontierSite/examination/open_campus.html
博士課程 http://www.md.tsukuba.ac.jp/gradmed/topics/190222.html 
今回都合がつかない方は、6月15日に予定されている、第二回オープンキャンパスにご参加ください。 なお、このオープンキャンパスは学群(学部)1~3年生や、医学群(医学部)1~6年生も参加できます。過去には、高校生の参加もありました。
2019年4月5日
三宅翔太さん(フロンティア医科学修士2年)がH30年度フロンティア医科学専攻の修士論文選考において優秀発表賞を受賞しました。修論研究課題「アレルギー抑制受容体アラジン-1の敗血症における機能解明」。この賞は修論公開発表会や学位審査の評価に学会発表・論文発表も加味して厳正な審査に基づいて決定されます。
2019年3月16日
第7回 筑波大学ー東京理科大学合同リトリートが東京理科大学にて開催されました。渋谷研から、優秀発表賞中澤優太さん(博士4年)、優秀ポスター賞村田力斗さん(HBP博士2年)が表彰されました。
2019年3月7日
Yaqiu Wangさん(HBP博士5年)のマスト細胞に関する論文がアレルギーのトップジャーナルである J Allergy Clin lmmun にアクセプトされました。
2019年2月18日
渋谷 彰教授が極めて優れた研究活動に対して筑波大学Best Faculty Memberとして選考され、表彰されました。
2017年度に引き続き、2回目です。本研究室では、これまで田原聡子講師(2012年)、渋谷和子准教授(2015年)、鍋倉宰助教(2018年)が受賞しています。
2019年2月13日
第74回免疫学セミナー(共催)が行われます。たくさんのご来場お待ちしております。詳細はこちらから。
セミナーは英語で行われます。This seminar will be held in English.
2019年2月6日
藤山聡さん(生命システム医学博士4年)の筆頭論文がInternational Immunology誌にアクセプトされました。
Identification and isolation of splenic tissue resident macrophage subpopulations by flow cytometry.
Fujiyama S, Nakahashi-Oda C, Abe F, Wang Y, Sato K, Shibuya A
Int Immunol, 31(1):51-56, 2019
2018年12月13日
渋谷彰教授のPreview論文がCell Host & Microbeに掲載されました。
GraphicはMariana Almeidaさん(生命システム医学専攻1年)が作成しました。
Exploring the Gut Fungi-Lung Allergy Axis.
Shibuya A & Shibuya K.
Cell Host Microbe, 24(6):755-757, 2018
2018年12月11日
日本免疫学会総会にて、渋谷彰教授が第50回日本免疫学会学術集会会長(2021年)に指名されました。

主な研究業績

     
画像クリックで各研究内容へ移動 Marginal zone B cells exacerbate endotoxic shock via interleukin-6 secretion induced by Fcα/μR-coupled TLR4 signalling. Honda S et. al.
Nature Communications 2016
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Apoptotic epithelial cells control the abundance of Treg cells at barrier surfaces. Nakahashi-Oda C et. al.
Nature Immunology 2016
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Immune regulation by Fcα/μ receptor (CD351) on marginal zone B cells and follicular dendritic cells. Shibuya A et. al.
Immunological Reviews 2015
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Toll-like receptor 4 and MAIR-II/CLM-4/LMIR2 immunoreceptor regulate VLA-4-mediated inflammatory monocyte migration. Totsuka N et. al.
Nature Communications 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Costimulatory Molecule DNAM-1 Is Essential for Optimal Differentiation of Memory Natural Killer Cells during Mouse Cytomegalovirus Infection. Nabekura T et. al.
Immunity 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Gut dysbiosis promotes M2 macrophage polarization and allergic airway inflammation via fungi-induced PGE2. Kim Y et. al.
Cell Host & Microbe 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Apoptotic cells suppress mast cell inflammatory responses via the CD300a immunoreceptor. Nakahashi-Oda C et. al.
Journal of Experimental Medicine 2012
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 The immunoreceptor adapter protein DAP12 suppresses B lymphocyte-driven adaptive immune responses.
Nakano-Yokomizo T et. al.
Journal of Experimental Medicine 2011
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Critical role of DNAX accessory molecule-1 (DNAM-1) in the development of acute graft-versus-host disease in mice.
Nabekura T et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2010
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 An immunoglobulin-like receptor, Allergin-1, inhibits immunoglobulin E-mediated immediate hypersensitivity reactions. Hitomi K et. al.
Nature Immunology 2010
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Enhanced humoral immune responses against T-independent antigens in Fcα/μR-deficient mice. Honda S et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2009
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Accelerated tumor growth in mice deficient in DNAM-1 receptor. Iguchi-Manaka A et. al.
Journal of Experimental Medicine 2008
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Tumor rejection by the poliovirus receptor family ligands of the DNAM-1 (CD226) receptor. Tahara-Hanaoka S et. al.
Blood 2006
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Paired activating and inhibitory immunoglobulin-like receptors, MAIR-I and MAIR-II, regulate mast cell and macrophage activation. Yotsumoto K et. al.
Journal of Experimental Medicine 2003
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 CD226 (DNAM-1) is involved in lymphocyte function-associated antigen 1 costimulatory signal for naive T cell differentiation and proliferation. Shibuya K et. al.
Journal of Experimental Medicine 2003
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Fcα/μ receptor mediates endocytosis of IgM-coated microbes Shibuya A et. al.
Nature Immunology 2000
Abstract (PubMed)