• facebook
  • twitter
  • youtube

最新ニュース

[ 過去のニュースはこちら ]

2019年3月7日
Yaqiu Wangさん(HBP博士5年)のマスト細胞に関する論文がアレルギーのトップジャーナルである J Allergy Clin lmmun にアクセプトされました。
2019年2月18日
渋谷 彰教授が極めて優れた研究活動に対して筑波大学Best Faculty Memberとして選考され、表彰されました。
2017年度に引き続き、2回目です。本研究室では、これまで田原聡子講師(2012年)、渋谷和子准教授(2015年)、鍋倉宰助教(2018年)が受賞しています。
2019年2月13日
第74回免疫学セミナー(共催)が行われます。たくさんのご来場お待ちしております。詳細はこちらから。
セミナーは英語で行われます。This seminar will be held in English.
2019年2月6日
藤山聡さん(生命システム医学博士4年)の筆頭論文がInternational Immunology誌にアクセプトされました。
Identification and isolation of splenic tissue resident macrophage subpopulations by flow cytometry.
Fujiyama S, Nakahashi-Oda C, Abe F, Wang Y, Sato K, Shibuya A
Int Immunol, 31(1):51-56, 2019
2018年12月13日
渋谷彰教授のPreview論文がCell Host & Microbeに掲載されました。
GraphicはMariana Almeidaさん(生命システム医学専攻1年)が作成しました。
Exploring the Gut Fungi-Lung Allergy Axis.
Shibuya A & Shibuya K.
Cell Host Microbe, 24(6):755-757, 2018
2018年12月11日
日本免疫学会総会にて、渋谷彰教授が第50回日本免疫学会学術集会会長(2021年)に指名されました。
2018年11月28日
渋谷和子准教授が平成30年度筑波大学医学医療系優秀教員賞を受賞しました。
2018年11月26日
鍋倉宰助教が平成30年度筑波大学若手研究者奨励賞を受賞しました。  
2018年11月20日
中村貴之さん(博士課程2017年度修了)の筆頭論文がCell Death and Diseases誌にアクセプトされました。
Elovl6 regulates mechanical damage–induced keratinocyte death and skin inflammation.
Nakamura Y, Matsuzaka T, Tahara-Hanaoka S, Shibuya K, Shimano H, Nakahashi-Oda C, Shibuya A.
Cell Death and Diseases, 9(12):1181, 2018
2018年9月29日
竹中江里さん(博士課程2016修了)、Anh Van Vo(HBP博士5年)の筆頭論文がScientific Reports誌にアクセプトされました。
Selective DNAM-1 expression on small peritoneal macrophages contributes to CD4 + T cell costimulation.
Takenaka E., Vo A, Yamashita-Kanemaru Y, Shibuya A, Shibuya K.
Sci. Rep. 8(1):15180, 2018 

主な研究業績

     
画像クリックで各研究内容へ移動 Marginal zone B cells exacerbate endotoxic shock via interleukin-6 secretion induced by Fcα/μR-coupled TLR4 signalling. Honda S et. al.
Nature Communications 2016
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Apoptotic epithelial cells control the abundance of Treg cells at barrier surfaces. Nakahashi-Oda C et. al.
Nature Immunology 2016
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Immune regulation by Fcα/μ receptor (CD351) on marginal zone B cells and follicular dendritic cells. Shibuya A et. al.
Immunological Reviews 2015
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Toll-like receptor 4 and MAIR-II/CLM-4/LMIR2 immunoreceptor regulate VLA-4-mediated inflammatory monocyte migration. Totsuka N et. al.
Nature Communications 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Costimulatory Molecule DNAM-1 Is Essential for Optimal Differentiation of Memory Natural Killer Cells during Mouse Cytomegalovirus Infection. Nabekura T et. al.
Immunity 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Gut dysbiosis promotes M2 macrophage polarization and allergic airway inflammation via fungi-induced PGE2. Kim Y et. al.
Cell Host & Microbe 2014
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Apoptotic cells suppress mast cell inflammatory responses via the CD300a immunoreceptor. Nakahashi-Oda C et. al.
Journal of Experimental Medicine 2012
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 The immunoreceptor adapter protein DAP12 suppresses B lymphocyte-driven adaptive immune responses.
Nakano-Yokomizo T et. al.
Journal of Experimental Medicine 2011
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Critical role of DNAX accessory molecule-1 (DNAM-1) in the development of acute graft-versus-host disease in mice.
Nabekura T et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2010
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 An immunoglobulin-like receptor, Allergin-1, inhibits immunoglobulin E-mediated immediate hypersensitivity reactions. Hitomi K et. al.
Nature Immunology 2010
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Enhanced humoral immune responses against T-independent antigens in Fcα/μR-deficient mice. Honda S et. al.
Proc Natl Acad Sci USA 2009
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Accelerated tumor growth in mice deficient in DNAM-1 receptor. Iguchi-Manaka A et. al.
Journal of Experimental Medicine 2008
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Tumor rejection by the poliovirus receptor family ligands of the DNAM-1 (CD226) receptor. Tahara-Hanaoka S et. al.
Blood 2006
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Paired activating and inhibitory immunoglobulin-like receptors, MAIR-I and MAIR-II, regulate mast cell and macrophage activation. Yotsumoto K et. al.
Journal of Experimental Medicine 2003
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 CD226 (DNAM-1) is involved in lymphocyte function-associated antigen 1 costimulatory signal for naive T cell differentiation and proliferation. Shibuya K et. al.
Journal of Experimental Medicine 2003
Abstract (PubMed)
画像クリックで各研究内容へ移動 Fcα/μ receptor mediates endocytosis of IgM-coated microbes Shibuya A et. al.
Nature Immunology 2000
Abstract (PubMed)